研究領域

形質転換植物に関する基盤研究から情報発信に至る一連の研究を推進する6つの部門を設置しました。

 

(1)基礎技術研究グループ

基礎技術研究部門

部門長:三浦 謙治

  • 植物の形態及び環境応答を制御する実用遺伝子探索
  • 植物や微生物における機能物質生産に関わる有用遺伝子探索
  • 生物情報学的手法による上記実用遺伝子群の制御ネットワーク解析

 

(2)実験植物系統基盤研究グループ

実験植物系統基盤研究部門

部門長:江面 浩

  • モデル作物遺伝資源を利用した作物重要形質の解析
  • モデル作物遺伝資源を利用するためのツール開発
  • モデル作物の新規リソースの開発

 

(3)形質転換技術利用研究グループ

形質転換技術利用研究部門

部門長:柴 博史

  • 植物への効率的・効果的な遺伝子導入技術・発現制御技術の開発
  • 有用物質を蓄積する作物新品種の作出と安全性・特性評価
  • 収量性、耐病性、栽培・加工適性等に関連した高付加価値形質を有する作物新品種の作出

 

(4)形質転換植物栽培技術研究グループ

形質転換植物栽培技術研究部門

部門長:渡邉 和男

  • 特定網室や隔離ほ場における遺伝子組換え植物の栽培・管理手法の事例構築
  • 屋外植栽を念頭に置いた遺伝子組換え植物の栽培・管理手法の事例構築
  • 生物多様性影響評価の新規応用開拓、簡素化など技術開発

 

(5)リスク評価・管理研究グループ

リスク評価・管理研究部門

部門長:大澤 良

  • 遺伝子組換え植物の生物多様性影響評価技術及び管理技術の基盤確立に関する研究
  • 導入遺伝子の環境拡散リスク評価に関する研究
  • 導入遺伝子の拡散防止技術の開発に関する研究

 

(6)情報発信技術研究グループ

情報発信技術研究部門

部門長:小野 道之

  • 遺伝子組換え植物の環境影響評価に関する国際比較と情報発信
  • 遺伝子組換え食品の安全性評価に関する新しい評価概念・手法の開発
  • 遺伝子組換え技術の社会受容促進に向けた効果的手法の開発と実践
  • 中学・高等学校等における遺伝子リテラシー教育のための教材開発と実践

 

ページトップへ