• TOP>
  • 研究セミナー(22)

形質転換植物デザイン研究拠点PtraD logo

研究セミナー(22)

「港湾周辺の野外一般環境中における除草剤耐性ナタネの生育と遺伝子流動」

青野光子氏(国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター)

 日時: 2013年11月27日(水) 10:30~11:30
 場所: 生物農林学系 F棟507号室
 

 

要旨
 近年、遺伝子組換え生物の利用が拡大し、遺伝子組換え生物が環境に与える影響についての市民や科学者の関心も世界的に高まっている。我々は、除草剤(グ リホサート、グルホシネート)耐性をもつ遺伝子組換えセイヨウナタネ(除草剤耐性ナタネ)の生育と近縁種(在来ナタネ、カラシナ)への遺伝子流動につい て、2003年以来継続的に調査している。その結果、主要なナタネ輸入港である国内の12の港湾(鹿島、千葉、横浜、清水、名古 屋、四日市、堺泉北、神戸、宇野、水島、北九州および博多)の周辺地域のうち、横浜、堺泉北、宇野、北九州を除く8港湾の周辺地域で除草剤耐性ナタネの生 育が確認された。そのうち四日市港周辺地域では、2005年以来連続して2種類の除草剤耐性を同時に持つナタネが確認された。このことから、2種類の除草 剤耐性ナタネ間で交雑が起こっている可能性が考えられた。また、四日市港周辺地域の河川敷では、2008年に除草剤耐性セイヨウナタネと在来ナタネの雑種 の可能性がある種子試料も見つかった。今後の調査では、近縁種への遺伝子流動の可能性、およびこぼれ落ちた除草剤耐性ナタネの定着の可能性に留意すべきと 考えられる。

ページトップへ