• TOP>
  • 研究拠点テクニカルセミナー(8)

形質転換植物デザイン研究拠点PtraD logo

研究拠点テクニカルセミナー(8)

「GS Juniorを活用したゲノミクス」

ロシュ・ダイアグノスティックス

 日時: 2011年12月7日(水) 15:15~16:30
 場所: 遺伝子実験センター内セミナー室 (2階)
 

 GS Juniorベンチトップシステムは、ロシュの上位機種「GS FLXシステム」で実証されたロングリードのテクノロジーを踏襲したパーソナルモデルの第二世代シーケンサーです。研究室レベルの実験規模に合ったスルー プットにコンパクト化することで、ランニングコストを押さえ、操作方法やデータの取り扱いの簡便化を実現しました。 本セミナーではGS Juniorを活用した研究事例およびソフトウェアの使用方法について紹介して頂きます。

概要
 1. GS Juniorシステム概要
 2. データの正確性と安定性(競合比較)
  ・病原性大腸菌O104株の全ゲノムシークエンス
 3. GS Juniorを用いた研究例
  ・16SrRNAメタゲノム解析
  ・トランスクリプトーム解析
  ・シークエンスキャプチャー
 4. GS Junior付属ソフトウエアの使用方法
 5. 質疑応答(個別)

 *ご参加の方はアンケートのご記入にご協力下さい。

 世話人:下野綾子 7726

ページトップへ