• TOP>
  • 研究拠点テクニカルセミナー(9)

形質転換植物デザイン研究拠点PtraD logo

研究拠点テクニカルセミナー(9)

LI-6400XT 植物光合成総合解析システム

メイワフォーシス株式会社

 日時: 2012年5月29日(火) 13:00~15:00
 場所: 遺伝子実験センタ 409号室
 

測定チャンバー直結の高精度ガス分析計を搭載し、炭酸ガス濃度と光環境、 温度、湿度を独自制御した状態で光合成活性が測定できる理想的なポータブ ルシステムです。まさに小型ファイトトロンで、ステディーステート光合成 ポロメータとして様々な光合成研究に活用できます。

<当センターでご利用頂ける4チャンバー&2光源>
6400-02B LED冷光チャンバー(標準)
6400-40 クロロフィル蛍光測定ユニット
6400-15 小葉用(アラビドプシス用)チャンバー
6400-17 植物個体用チャンバー
6400-18 マルチコントロールRGB 光源
※自然光も使えます。

<特長>
●RGB 原色LED 搭載の新型光源と植物個体光合成測定チャンバーにより、 組換え植物の光合成活性を、個体ごとに測定することができます。変異体植 物の判別や、バイオマス解析へ利用できます。
●RGB 光源により、太陽光に近い白色光の照射が可能となり、様々な光質 を再現し、光合成活性の測定を行うことができます。
●クロロフィル蛍光測定チャンバーにより、同一面積・安定環境条件でのク ロロフィル蛍光・光合成・蒸散同時測定が可能です。2cm2の広い面積での 測定ができます。クロロフィル蛍光と光合成の両方の自動測定機能付きです。
●アラビドプシス等の小さい葉での光合成・蒸散を測定することができます。 (測定部直径:1cm)

問合せ:筑波大学 遺伝子実験センター 管理室 6006

ページトップへ