• TOP>
  • 筑波大学-インドネシア 国際シンポジウム

筑波大学-インドネシア 国際シンポジウム

主催:二国間交流事業共同研究、共催:形質転換植物デザイン研究拠点

遺伝子組換え作物の安全性評価-日本とインドネシアの比較と標準化へ

A comparative study and standardization on evaluation methods of genetically modified crops between Japan and Indonesia

■日時
 2012年10月26日(金) 13:30-16:50
■場所
 筑波大学 総合A棟110号室
■プログラム
 13:30-14:00 開会挨拶及び概要説明
     筑波大学教授 江面 浩
 14:00-14:40 日本の遺伝子組換え作物の環境影響評価
     筑波大学教授 大澤 良
 14:40-15:20 日本の遺伝子組換え作物の食品安全性評価
     千葉大学教授 児玉 浩明

 15:20-15:30 ―――――――休憩―――――――

 15:50-16:30 インドネシアの遺伝子組換え作物の環境影響評価および食品安全性評価
     Indonesian Ctr Agri Biotech Genet Res Dev部長  Muhammad Herman
 16:20-16:40 総合討論
 16:40-16:50 閉会挨拶
     筑波大学教授 江面 浩

ページトップへ